飲酒運転などが社会問題化されてから長くなりますが、現在では厳罰化されており道交法でも厳しく取り締まられているので飲酒運転に関しては絶対に避けることが当然ながら求められている内容です。

飲み会が開催されるような場面や、会社帰りにお酒を飲みに出かける場面、自宅にいても居酒屋などに出向いてお酒を飲むような場面では、飲酒運転をすることができないので、公共の交通機関を利用したり、徒歩で出掛けたりタクシーを使う方法を選択することが必要です。

現在では、他にも運転代行というサービスも定着しているので、営業圏内であれば便利に使い分けることができます。

運転代行とタクシーの比較

運転代行

運転代行とタクシーを比較した場合では様々な観点から違いを見つけることができ、それぞれメリットデメリットを感じることができます。

そんな運転代行とタクシーの差を、明確に解説してみたいと思います。

運賃の差

まずは運賃の差を比較することができます。

タクシーメーター

地域によって基準とされる料金設定が両方共異なっていることになりますが、首都圏を例に挙げた場合ではタクシーでは5キロ走行で約1,800円から2,200円程度に設定されていることが多いものです。

5kmの運賃の差

タクシー 運転代行
5km 1800~2000円 5km 3000~4500円

運転代行の場合では同じように首都圏では5キロ走行で約3,000円から4,500円程度になります。

その結果として運賃の差で比較をした場合ではタクシーを利用した方が安く済ませることができる計算になるでしょう。

料金だけで比較をした場合ではタクシーを利用する方法にメリットを感じることはできますが、実際には飲みに出かける場面によってそのメリットは大きく変わってきます。

マイカー通勤の場合

例えば、自動車通勤を行っている方が、会社の帰りに飲みに出かけるような場面では、マイカーを駐車場などに入れる必要が出てくることになり、そのまま翌日まで駐車させた場合では多額の料金が発生してしまうことになり、翌日に駐車場まで出向く面倒さを感じてしまうことになります。

このようなシーンでは運転代行を利用することに大きなメリットを感じることができ、道交法を守った状態でマイカーを自宅まで届けることができる方法になるので、余計な経費を掛けずに済ませることができます。

電車やバス利用

自宅から飲食店などに出掛けることを行うような方のケースでは、公共の交通機関としてバスや電車などを利用して目的地まで移動する方法もあります。

このような方法を選択した場合では飲酒した後であっても手軽にタクシーを利用する方法で経費を少なく済ませることができます。

バス

しかし、住んでいる場所によっては公共機関などで移動することが非常に難しい状態にある方も存在しています。

このケースではマイカーを使って飲食店まで出向いて、帰り道には運転代行を利用することに利便性を感じることができるでしょう。

人数によっては安くなるタクシー

単身で出掛ける場合では大きな問題に感じることが少ない傾向にありますが、時と場合によっては複数名で飲食店まで出掛けるような場合も見られます。

ご近所であればタクシーをチャーターして複数名で飲食店まで出掛け、帰りもタクシーを利用して便乗する方法で経費を安くすることができますが、移動する距離が長くなってしまうような場所に住んでいる場合では、マイカーを利用して仲間同士で移動する方法にメリットを感じる場合もあります。

この場合では帰り道は運転代行を使ってタクシーと同じように便乗して利用する方法でも安く経費を抑えることができる場合が多々あります。

ケースによっては運転代行にメリットも

繁華街や飲食店街などの近郊や駅近くの場所に住んでいる方のケースでは、圧倒的に公共機関を使ったりタクシーを使う方法にメリットがあり、運転代行の場合では料金面でデメリットを感じてしまうことがあります。

ところが便利な場所ではなく郊外などに住んでいる方のケースでは運転代行を利用する方法で移動費を逆に安くできる場合も多いので、使い分けを上手く行うことが良い方法でしょう。

地方飲み屋街

バス移動などを行うような方のケースでは集合時間に丁度合うバスが運行されていない場合もあります。

時間的な部分で仕方なくマイカーを使う方にとっても運転代行のサービスはメリットの感じられる帰宅方法として利用することができます。

タクシーと運転代行のメリットデメリットまとめ

メリットとデメリットについては他にもあり、タクシーの場合では自由度の問題がデメリットになる可能性もあります。

複数名が同じ飲み会などに出掛ける場合ではそれぞれが別々に移動するような場面がありますが、マイカーを使って人を乗せて移動することに関しては自由度を感じることができます。

時間設定なども細かく行うことができ、マイカーを使う方法であれば急な用事でもスムーズに移動することができます。

運転代行のデメリットでは高めの料金設定になるので少ない人数で移動することには向いていない傾向にあります。

しかし、道交法を考えた場合ではマイカーを使った際に飲酒してしまうと帰宅方法に困ってしまうので、運転代行を利用することについてはマイカーの利用を余儀なくされる方にとってメリットの大きな存在になります。

タクシーの場合では目的地まで安く向かうことができる移動手段を持っている方が帰り道に使うことにメリットを感じることができる方法でしょう。

総評するならば、やはり、突発的な呑みの誘いや、呑むつもりはなくクルマ移動をしたが、呑みの場でのお酌を断れないケースなどなど、運転代行なりのメリットがあるのではないかと思っています。

また、これは脱線ですが、デートの際には、ひじょうに有効な手段でもあるのが、運転代行です。

デート

昼間はドライブを愉しみ、夜、レストランで一杯やって、スマートに運転代行を呼びつけ、一緒に帰られるというのは、女性からしても、誠実さが伝わる場面では無いでしょうか。

そうした場合に直面した時に、ぜひとも、大宮の運転代行【E代行】をお選び頂ければ幸いでございます。